ホメオパシー

 医師会などがホメオパシーを医療従事者が用いないように声明を出した模様です。

「ホメオパシーは無意味」医師会と医学会も見解

ホメオパシーで問題になっているのは通常の医療を否定して、通常の医療を受けていれば助かったはずの人々が犠牲になっていることです。

子供が犠牲になったケースでは助産師が適切な薬剤の投与を行わずに、ホメオパシーの錠剤を用い、結果的に子供が亡くなっています。

助産師自体はちゃんとした国家資格なのですが。

助産師の教育がどうなっているのか、詳しくはないのですが同じ医療従事者として私が受けた教育(専門学校で3年)を考えると自然科学に関する十分な教育を受けているとは断定しがたい。

これは私が理工系の大学出身なのでわかるのですが、自然科学に関する十分な教育を受けていないために明らかにおかしいものを信じてしまう人々が出てしまいます。無資格者は言わずもがな。


無資格者も含め、代替療法の施術者は現代医学を否定して、自分の療法を最善だと宣伝してる方が多いように思えます。

代替療法の施術者を選ぶときには自分の療法を絶対視したり、現代医学を否定してるかどうかをチェックしたほうがよいです。

私自身はもともと自然科学を学んでいたものですから何だかオカルト的なことを言う方々よりも科学者として共通認識を持てる医師のほうを信用します。

適材適所で使い分けることが肝心です。

なお作用の仕組みがわかってない療法や薬物も統計的に効果があるか、どうかを調べることはできます。

なので科学でわからないこと(作用の仕組み)がある、からといって効果の有無を科学的(統計的)に判別できない、とは必ずしもなりません。

現代医学でも、仕組みはわからないけど効果があるので使っている、というのはあります。

科学でわからないことはまだあるのだから、と擁護される方もおられますが統計で効果を否定された以上、科学としての有効性を主張するのは無理があります。
宗教や精神的なものとしての効果を主張するなら理にかなってはいますが。

ホメオパシーに関してはイギリスの研究でプラセボ以上の効果はなかった、と結論付けられました。


1

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

書いた記事数:131 最後に更新した日:2019/05/23

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM